私、結婚できないんじゃなくて、しないんです

昨年度にテレビ放映されたドラマ「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」は

本当に女性の結婚観を表現してくれました。題名も的を射てますね。

20代30代40代の女性の「結婚」にたいするスタンスは下記コラムでもありますように、

このところ変化しています。

長く結婚相談所を経営してますと、はっきり実感できます。

年齢に関係なく女性に共通しているのは「いい男性がいたら紹介しください」

ということ。

ですから「あまり好まない男性とは結婚しない、それより独身で生涯を終える選択をしま

す」という意思表示でしょう。

特に20代30代の若い女性はその傾向が強いように思います。

40代女性は微妙です、ほとんどの女性は一度結婚生活を経験してます、個人差がいろい

ろ。年齢的にまだ若さと可能性が残っているのでさまざまの選択肢がありますから、

自由に「自分さがし」にチャレンジしてみたい、自分自身の人生について少し考えてみた

いかもしれません。

50代60代になりますと明確な傾向が見えます。ご自分の老後をどのように過ごすかを考え

るようになられるようです。

以下記事は、ネットで見つけた「おおしま りえ」さまのすばらしいコラムです。無断転載してごめんなさい。

この筆者はたぶん東京?住まいの都会人と思いますから、長崎のような田舎都市の結婚事

情と少しずれがあると思います。

(以下、コラム)

「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」と言う女子の本音とは

2016年春ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(TBSテレビ)」が女子の共感を得ています。「中谷美紀の不器用っぷりがすごい分かる!」と、「結婚しない女子」からみるとよくぞ言ってくれましたという感じとのこと。

このドラマは長年「結婚はできないんじゃなくて、しない」と言い張っていた中谷美紀扮する女性が、「本当は恋愛も結婚もできないんです!」と認め、BARの店主によるスパルタ恋愛ノウハウを叩き込まれて、幸せを掴んでいく物語です。

実際の世の中にも「しないんです」派の女性は多いもの。今日はそんなしない派の言い分を集めてみました。

■ 40代しない派は自分を見つめたシビアな結果

「今さら頑張って結婚して得られるものって何だろうって思ったら、しない選択に落ち着いてますね」

そう語るのは都内で人事マネージャーを努める43歳の女性。趣味は旅行と韓流アイドルということで、私生活は趣味にお金も時間も大半を費やしているようです。少し前に都内にマンションを買い、完全にしない派としての地盤を固めた彼女。しないと選択した決め手はなんだったのでしょうか。

「元々凄くしたかったんです。だけどモテる訳じゃないし、仕事を必死にこなしていたら、もう30代半ばになってました。そこから『あーできないのかな私?』って一時は焦りましたが、焦っても婚活的な(当時は婚活って言葉もなかったけど)事をする気力も友人もいませんでした。その結果が今です」

そういう彼女は、昨年行ったというトルコ旅行の写真を楽しそうに見せてくれました。最近はペットを飼おうか検討しているそうですが、頻繁に海外旅行に行けないのではと思うと決意できないそうです。

■ 30代しない派はなんとなく本気になれないだけ

続いて話を聞いたのは、34歳でバリバリの営業職女性。正直見た目も可愛いし性格も明るいのに、なぜしない派として生きているのでしょうか。

「したい気持ちも、一応あります。ただ、もう4年くらい彼氏もいないし、今そういう男性もいないので『あーそろそろダメかも』って意識はリアルにあります。でも、じゃあ婚活を…って真面目な感覚になれないんです。自分は結婚にあまり向いてないのかもしれません。一応弟は結婚して孫をもうけたので、私は介護とか別の面で両親には孝行していければいいかなーと思っています」(34歳営業)

彼女は今も誘われれば合コンに行ったり、飲み会に参加したりするそうです。しかし営業職でバリバリなのに実はシャイなせいか、中々結果に結びつかないようです。まさに、このドラマを見るべき女性なのかもしれません。

■ 20代しない派はまだ今の彼としないだけ

最後はまだまだこれからの女性に、なぜ今「しない」と選択するのか理由を聞いてみました。

彼女は23歳で社会人2年目。1年程付き合った彼は結婚したい願望が強いそうですが、今ではないと思い、やんわり流し続けているといいます。

「いつか結婚はしたいんですが、今する気はないです。だってまだ仕事も覚えきれてないし、それに今の彼氏でいいのか…って気持ちがかなりあります。むしろそこです! 今の彼だから、結婚しないんですって感じかな(笑)。周りの子はすぐに結婚したい?って言う子ももちろんいますが、私はもう少し仕事をしっかりしたいですね」(23歳ウエディング関連)

最近は婚活も若年化しているといいますが、そんな中仕事をしっかりしたいという女性もいるものですね。今の彼氏ならしない…という言い分が、裏目に出ないことを願うばかりです。

今回の意見はもちろん個々の女性の考え方です。しかし、年齢によるそれぞれの「しない」という決意の強さや葛藤には、共感を覚える方もいるのではないでしょうか。世代は違えど、女性はみんな悩みながら生きているんだなと感じました。(おおしま りえ)

2017年3月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : akenokaiorg-senior-blog1008

お見合い

「相手に好印象をもってもらうこと」の大切さ

私は毎日、多くの方々とお目にかかります。そして、痛切に気づくことがあります。それは「初対面の第一印象」の大切さ、とりわけ「服装」です。

面談する場合、まずは電話のやりとりからはじまります。

「あけの会」は創業以来ずっと出張相談システムですから、電話でアポイントを取り、出先で面談します。時間・場所を決定し、目的場所へ向かいますが、いつも「どんな方かなあ」とわくわくします。電話の声が耳に残っているので、相手の人柄を想像しつつ車のハンドルを回します。

私はできるだけ早めに到着して相手を待つことにしています。そして、初対面。

まるで探偵のように、電話の様子からイメージしてた方と、目の前に現れた方が一致するかどうか、これはスリルがあってなかなかの楽しみでもあります。予想が当たれば嬉しくて自分を褒めたくなります。しかしなかなかピッタリはなくて、ほとんどが異なります。

そして、最初に受けた第一印象は一枚のスナップ写真のように私の中に残ります。以上は、ご入会ときのことでありますが、おそらく「お見合い」のときにも同様のことが言えるような気がします。

お見合い時に、女性が、初対面の男性にがっかりする大きな原因の一つが「服装」です。

女性は日ごろから、服装、ヘアスタイルやメイク、ネイルなど身だしなみに気を遣っている方が多いので、その分、あまりにも場違いな服装で現れる男性にはがっかりする、ということが少なくようです。

例えば、「Tシャツにジーパン、スニーカー」、「アロハシャツに短パン、サンダル」などのカジュアルすぎる格好や、「シワシワ、ヨレヨレのシャツ」で清潔感のない格好、また、気合を入れて着てきたであろう「派手すぎる柄のジャケットやシャツ」が逆に浮いてしまっているなど、男性本人は気づいていないようです。

婚活では、「相手に好印象をもってもらう」ことが大切です。まずは外見で女性のチェックをクリアしなければ、自分の内面を理解していただく前にアウト。仕事で忙しい男性は、買い物に使う時間がなく、洋服を選ぶことから遠ざかっている方も多いと思います。また、ファッションが好きな男性は女性よりも圧倒的に少ないのが現状です。

一方で、女性は男性よりも外見に興味・関心が高い。その女性に好印象をもってもらうためには、必ずしもスーツネクタイの正装でなくてもよいのですが、いつもより身だしなみに気を付ける必要があります。とりわけ清潔感をアピールできればOKです。

何事も「相手からどう見られているか」という視点を忘れないことが大切ではないだろうかと思います。草野

高齢社会

koinobori

高齢化が急速にすすんでいます。 みなさまご存知のように、15年後には成人人口の50%以上が、65歳以上です。 これはもう高齢化社会ではなく、「高齢社会」そのものです。 高齢社会の問題は、医療介護だけでなく、はっきり言えば社会コストの問題であり国家財政的な問題であります。 労働者人口の半分が65歳以上ということは、もう一人分の給料も稼がないと社会の仕組みが、機能しないということです。 もし、子どもが二人いたら、これだけで家庭のお金がたくさん必要になります、稼がないといけません。 そして、子育ては「子どもとの時間」も必要です。 残業しすぎたり、妻が長時間パートで忙しかったら、子どもの情緒にも良くありません。 したがって、社会的な課題として、労働時間を延ばさずに、労働価値を2倍以上に高めることが必要です。 年金制度を改革しようが、医療保険制度を改革しようが、財政難で「ない袖は振れない」ものです。 そもそも根本原因は、人口構造の変化(異常な少子高齢)です。 今になってバタバタと、子どもを産めよ増やせよ言っても、実を結ぶのに20年以上の時間を要します。 20年たっても、即戦力とは言えず、バリバリ働けるようになるには、あと10年は必要でしょう。 つまり、子どもを増やす対策は、時間が間に合わない、様々な制度変更も、問題の先延ばしでしかありません。 現実的な解決策としては、「ムダを減らして、稼ぐこと」しかありません。 国は高齢化対策のための「お金がない」わけです。 解決策は、国をあてにせず日常生活の中で「ムダを減らして、稼ぐ」しかありません。 自分の幸福のためだけでなく、社会的責任として、「ムダを減らして、稼ぐ」ということが、とても、とても大切です。 だから、もし、「ムダを一つ減らせた」だけで、社会貢献とも言えます。 そうすることで、政治家や官僚など、会合で議論している人達よりも、何倍も、何十倍も、何百倍も、社会に役立っていると私個人は、思っています。 いかがでしょうか。

2015年5月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : akenokaiorg-senior-blog1008