お見合い

お見合いのポイント

「相手に好印象をもってもらうこと」の大切さ

私は毎日、多くの方々とお目にかかります。そして、痛切に気づくことがあります。それは「初対面の第一印象」の大切さ、とりわけ「服装」です。

面談する場合、まずは電話のやりとりからはじまります。

「あけの会」は創業以来ずっと出張相談システムですから、電話でアポイントを取り、出先で面談します。時間・場所を決定し、目的場所へ向かいますが、いつも「どんな方かなあ」とわくわくします。電話の声が耳に残っているので、相手の人柄を想像しつつ車のハンドルを回します。

私はできるだけ早めに到着して相手を待つことにしています。そして、初対面。

まるで探偵のように、電話の様子からイメージしてた方と、目の前に現れた方が一致するかどうか、これはスリルがあってなかなかの楽しみでもあります。予想が当たれば嬉しくて自分を褒めたくなります。しかしなかなかピッタリはなくて、ほとんどが異なります。

そして、最初に受けた第一印象は一枚のスナップ写真のように私の中に残ります。以上は、ご入会ときのことでありますが、おそらく「お見合い」のときにも同様のことが言えるような気がします。

お見合い時に、女性が、初対面の男性にがっかりする大きな原因の一つが「服装」です。

女性は日ごろから、服装、ヘアスタイルやメイク、ネイルなど身だしなみに気を遣っている方が多いので、その分、あまりにも場違いな服装で現れる男性にはがっかりする、ということが少なくようです。

例えば、「Tシャツにジーパン、スニーカー」、「アロハシャツに短パン、サンダル」などのカジュアルすぎる格好や、「シワシワ、ヨレヨレのシャツ」で清潔感のない格好、また、気合を入れて着てきたであろう「派手すぎる柄のジャケットやシャツ」が逆に浮いてしまっているなど、男性本人は気づいていないようです。

婚活では、「相手に好印象をもってもらう」ことが大切です。まずは外見で女性のチェックをクリアしなければ、自分の内面を理解していただく前にアウト。仕事で忙しい男性は、買い物に使う時間がなく、洋服を選ぶことから遠ざかっている方も多いと思います。また、ファッションが好きな男性は女性よりも圧倒的に少ないのが現状です。

一方で、女性は男性よりも外見に興味・関心が高い。その女性に好印象をもってもらうためには、必ずしもスーツネクタイの正装でなくてもよいのですが、いつもより身だしなみに気を付ける必要があります。とりわけ清潔感をアピールできればOKです。

何事も「相手からどう見られているか」という視点を忘れないことが大切ではないだろうかと思います。草野